トップページへ
福山ネイチャーゲームの会

福山市の市章は、コウモリをデザインしてます。
会のプロフィール
規約
役員


会のプロフィール 

 広島県福山市を中心として、1994年より活動を始める。上級指導員をはじめ、多くの中級指導員、初級指導員が所属し、日本の中において推進的な役割を果たしている。
 年4回の季節の会、指導員研修を活動の軸として、学校、子ども会、各種団体への講師派遣を行っている。

規約 

福山ネイチャーゲームの会規約
1.名称
 本会は、福山ネイチャーゲームの会と称する。
2.目的
 本会は、日本ネイチャーゲーム協会ネイチャーゲーム普及本部く以下本部)所属の地方組織として、本部のネイチャーゲーム普及活動を都道府県および市区町付内で発展させ、主に親子を中心とした地域住民に対してネイチャーゲームを通じた自然とのふれあいを促進することを目的とする。
3.期間
 本会は、平成5年2月8日に発足し、平成6年3月31日に解散する。
4.事業
 本会は、目的達成のため、次の事業を行う。
(1)「全国一斉・親子で楽しむネイチャーゲーム大会」の地域における運営及び指導
(2)「季節(春、夏、冬)の自然とふれあうネイチャーゲームの会」の地域における運営及び指導
(3)その他、目的を達成するために必要な事業
5.事務局
(1)本会は、本部事務局を東京都世田谷区松原2−42−14日本ネイチャーゲーム協会内に設定する。
(2)本会は、地域事務局を以下の場所に設置する。
(3)事務局は、本会の目的達成に必要な事務作業を行う。
6.運営委員
(1)運営委員は、3名以上10名以内とし、日本ネイチャーゲーム協会の目的および本会の目的に賛同し、日本ネイチャーゲーム協会・ネイチャーゲーム普及本部長(以下本部長)の承認を受けた者とする。
(2)運営委員の任期は、平成5年4月1日より平成6年3月31日までとする。
(3)運営委員は、運営委員会を構成し、会の目的を達成するために必要な活動を行う。
(4)運営委員は、無給とする。但し、会の目的達成のために必要とされる経費(教材費、連絡通信運搬費、事務消耗品、シール代)を運営委員が立て替えた場合、これを支払うことができる。
(5)運営委員は、日本ネイチャーゲーム協会の指導員登録者が過半数以上とする。
(6)運営委員は、運営委員長または本部長に文書により申し出を行うことにより、自らの意志で中途退任することがでさる。
7.運営委員会
(1)運営委員会は、年1回以上開催され運営委員長が召集する。
(2)運営委員会は、年間に実施される行事の開催日時、定員、参加費、プログラム内容、その他目的達成のための必要な事項を本部の定める各行事運営要項にそって協議の上、決定する。
(3)運営委員会は、本会の予算ならびに決算の承認を行う。
(4)運営委員会は、全委員の過半数の出席をもって成立し、出席委員の過半数の賛成により議決を行う。
(5)運営委員長は、委員会終了後、1ケ月以内に出席者及び決定事項を議事録として作成し、本部に提出する。
(6)運営委員会は、委員の互選により、運営委員長1名、副委員長若干名、事務局長1名の役員を選出する.但し、やむをえない場合、役員は兼任することができる.
(7)運営委員長は、運営委員会を代表し、会の活動が円滑に運営されるように必要な事項を行う。
 また、本部に対して、その行事の募集案内を掲載する会報の発行日の1カ月前までに所定の様式で計画書を提出し、行事終了後1月以内に所定の様式で報告書を提出する。
(8)副委員長は、運営委員長を補佐する。
(9)事務局長は、事務局及び会計を担当する
8.会計
(1)本会の主な収入項目は、参加費、指導員連絡費及び本部助成金(全国一斉大会の場合)とし、主な支出項目は、教材費、連綿通信運搬費、事務消耗品、シール代、研修費、予備費とする。
(2)本会は、本会所属の指導員との連絡を目的として指導員連絡費を徴収することができるが、その上限は年間2000円とする。
(3)年度末に事務局長は、本部及び運営委員に対して会計報告を行う。
(4)本会の決算が赤字となった際の金銭的費任は、運営委員が、これを負うものとする。
9.解散
(1)本会は、平成6年3月31日に解散する。但し、次のいずれかに該当した場合は、前文に関係なく解散するものとする。
ア.運営委員会が解散を決議し、本部長がこれを承認した場合
イ.本部長が、本会の解散を決定した場合
(2)本会解散後、本会の資産は、運営委員会の決議および本部長の承認をもって、本会と同一または類似の目的を持つ他団体に寄付するものとする.
10.倫理
 本会は、ネイチャーゲームの理念の正しい普及および活動における安全確保のため、ネイチャーゲーム指導員倫理基準をはじめとする本部の定める各基準を尊重し、これを遵守するものとする。
11.規約の改訂
 本規約は、運営委員会の決議および本郎長の承認をもって、改訂することができる。
 以上
*補足
 この規約は、3,6−(2)、9−(1)を更新して現在まで継続されています。

役員