ファックスゲーム/カラス
概要
 ある指定された場所の風景を、グループのみんなで協力して別の場所にある紙にできるだけ正確に描きます。
手順
1.ロープで枠を作った場所が見えない所に集まり、4〜10人のグループを作ります。
2.グループに1枚カードを配り、鉛筆を用意します。
3.やり方を説明します。
・「これからやるゲームでは、みなさんにファックスになってもらいます。ファックスは、絵や写真を別の場所に送る機械です。○○○(ロープで枠を作った場所)にロープで枠が作ってあります。枠の中に見える風景を見てきて、画用紙にできるだけ同じように描いて下さい。」
・「見に行くときに約束が3つあります。
ア・何回見に行ってもかまいません。
イ・1回に見に行く人はグループで1人だけです。
ウ・見に行くときは何かを持っていってはいけません。
☆ 質問があったら受けます。
4.「始めて下さい」の合図で、各グループ一斉に開始します。
5.終了の合図で絵を描くのをやめます。
6.ロープの枠のある場所に移動し、絵をみんなで確認します。
7.このゲームをして思ったことや、うまく描けたわけ、こうしたらもっとうまく描 けたかなどを分かち合います。
準備物
筆記用具(グループ分)、カード(グループ分)、ロープ(10m×1本)
場所
色々な樹木のある公園や雑木林
グループ人数
4〜10名
対象年齢
小学生以上
季節と時間帯
日中ならいつでも可
実施時間
20〜60分
隊形
円形または半円形
留意点、備考
・ロープのある場所を最初に全員に見せておいてから、別の場所に移動してゲームの説明をしてもいいでしょう。
・絵のでき上がりの上手下手を競うよりも、どれだけよく見ていたか、それぞれのメンバーが十分に活動できたかなどを、分かち合いの視点にします。