ネイチャーゲームの目次へ
ゲーム名 みんなの木
作成者 日比、田添、大木、藤坪、横山、いの+補作/川上雅弘
コンセプト 1本の木をグループで感じる
基本の行為 1本おきについて、様々な方向から感じ取る
条件 グループで役割分担して、木を感じ取る
道具 特になし
場所 木のある場所
形態 グループで行う
対象と人数 小学生以上
時間 30〜45分
フローラーニング
ゲームの手順
1.5人ずつのグループになる。
2.各グループで、役割分担をする
@ 木の形を感じる人
A その木がどんな音を聞いてきたのかを感じる人
B 木の肌触りや色、感触などを感じ取る人
C その木の過去と未来を感じる人
D みんなが感じ取ったことをまとめる人
3.各グループは、お気に入りの木を1本探す。
4.木が見つかったら、それぞれの役割ごとに、木を感じ取ります。
5.リーダーの合図で集合し、みんなでそれぞれのグループの木のところに行き、その木のグループは自分たちが感じ取ったことをみんなに話します。
安全面
かぶれる木、とげのある木などに気をつけます。
発展、備考など